AOGEO シンポジウム

 AOGEOシンポジウムは、アジア・オセアニア地域におけるGEOの普及および推進に向けた情報交換の場を提供することにより、地域における研究者コミュニティを育成し、地域特有の環境問題等への共通理解を深めることを目的として、2007年から日本の主導のもと、GEO主催で開催されているシンポジウムです。

 シンポジウムでは毎回設定するテーマに沿って、分野横断的な課題や取組を扱う全体セッションと分野ごとの分科会が開催され、シンポジウムを含むAOGEO全体の成果と今後の方針を示す宣言文が採択されます。

 なお、2018年のAOGEO設立に伴い、「GEOSSアジア太平洋シンポジウム」より改称されました。

  • 第12回AOGEOシンポジウム

    • 開催日: 2019年11月2日~4日
    • 場所: オーストラリア国立大学ユニバーシティ・ハウス(オーストラリア、キャンベラ)
    • 参加国・参加人数: 日本、豪州、カンボジア、中国、コスタリカ、フィンランド、ジョージア、ドイツ、インド、インドネシア、イラン、イスラエル、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ニジェール、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、韓国、タイ、米国、英国、ベトナム他35か国から約200名が参加。
    • テーマ: 地球観測の活動の成果を全てのアジア・オセアニア地域へ-グローバルアジェンダへ取り組むための成果の共有と次なるデザイン(Scaling up successful Earth Observation activities for all of Asia-Oceania – Share the results and design the future steps for global agendas)
    • 基調講演: Dr Stuart Minchin, Australia GEO Principal, Geoscience Australia (GA)
    • 分科会:
      TG1: GEOSSアジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      TG2: 生物多様性観測網ネットワーク(AP-BON)
      TG3: GEO炭素・GHGイニシアチブ(GEO-C)
      TG4: 海洋・沿岸・島嶼(OCI)
      TG5: 農業と食料安全保障(Asia-RiCE)
      TG6: 干ばつモニタリングと評価
      TG7: 環境モニタリングと保護(EMP)
      TG8: 災害強靱性(DR)
      TG9: ヒマラヤGEOSS
    • 第12回AOGEOシンポジウム 公式ウェブサイト

  • 第11回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2018年10月24日~26日
    • 場所: 京都テルサ
    • 参加国・参加人数: 日本、豪州、カンボジア、カナダ、中国、フランス、インド、インドネシア、韓国、モンゴル、ネパール、ニュージーランド、ロシア、スペイン、スリランカ、スイス、タイ、フィリピン、米国、英国、ベトナム他21か国及び国際機関等(アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)他)から171名が参加。
    • テーマ: SDGs、パリ協定、仙台防災枠組のためのAOGEOSSを通じた地域間協力の強化(Strengthening Regional Cooperation through AOGEOSS for the SDGs, Paris Agreement and Sendai Framework)
    • 基調講演: Mr. Takashi Matsuo, Representative, Japanese Representative Office (JRO) Asian Development Bank (ADB)
    • 分科会:
      TG1: GEOSSアジア水循環イニシアチブ (AWCI)
      TG2: 生物多様性観測網ネットワーク (AP-BON)
      TG3: GEO炭素・GHGイニシアチブ (GEO-C)
      TG4: 海洋・沿岸・島嶼 (OCI)
      TG5: 農業と食料安全保障 (Asia-RiCE)
      TG7: 環境モニタリングと保護 (EMP)
    • 第11回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

  • 第10回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日:2017年9月18日~20日
    • 場所: Vietnam Academy of Science and Technology(ベトナム,ハノイ)
    • 参加国・参加人数:日本、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、中国、エチオピア、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、韓国、ラオス、マダガスカル、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ネパール、ニュージーランド、パキスタン、コンゴ共和国、スリランカ、タイ、フィリピン、米国、英国、ウガンダ、ベトナム他27か国及び国際機関等(アジア防災センター(ADPC)、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、アジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)、アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)他)から213名が参加。
    • テーマ: SDGs実施を加速する地球観測:アジア・オセアニア地域を踏まえて(Accelerating the realization of the SDGs with Earth Observations: Lessons from the Asia-Oceania Region)
    • 基調講演:Assoc. Prof. Pham Anh Tuan, Director General of Vietnam National Space Center
    • 国別・地域別報告: オーストラリア、中国、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、パキスタン、ソロモン諸島、韓国、バヌアツ、ベトナム、インド、アジア防災センター(ADPC)、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、アジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)、アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)
    • 分科会:
      WG1: アジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      WG2: 生物多様性観測網ネットワーク(AP-BON)
      WG3: 炭素・温室効果ガスイニシアチブ(GEO-C)
      WG4: 海洋観測と社会(Blue Planet)
      WG5: 農業と食料安全保障(GEO-GRAM)
    • 第10回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト:

  • 第9回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日:2016年1月11日~13日
    • 場所: 東京国際交流館
    • 参加国・参加人数: 日本、豪州、カンボジア、中国、フィリピン、インド、インドネシア、イスラエル、韓国、バングラデシュ、ミャンマー、マレーシア、ネパール、パキスタン、タイ、ベトナム、UAE、バヌアツ、ツバル等の26か国および8国際機関(アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、アジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)、アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)他)から約240名が参加
    • テーマ: アジア太平洋地域における持続可能な開発目標(SDGs)の実施を支援する地球観測 (Earth Observations Supporting the Implementation of the SDGs in the Asia Pacific Region)
    • 基調講演: Dr. Sanjaasuren Oyun, Chair of Global Water Partnership and Former President of United Nations Environment Assembly/ Prof. Teruo Kishi, Science and Technology Advisor to the Minister for Foreign Affairs
    • 国別・地域別報告: 日本、オーストラリア、カンボジア、中国、インド、インドネシア、イスラエル、マレーシア、パキスタン、フィリピン、ベトナム、アジア太平洋地球変動ネットワーク(APN)、アジア太平洋宇宙機関会議(APRSAF)、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)
    • 分科会:
      WG1: アジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      WG2: 生物多様性観測網ネットワーク(AP-BON)
      WG3: 炭素・温室効果ガスイニシアチブ
      WG4: アジア太平洋地域における海洋と社会
      WG5: 農業と食料安全保障
    • 東京宣言2017:
      シンポジウムの最後に東京宣言2017が採択された。東京宣言2017では、1.第10回のシンポジウムに向けて各WGの関係者がとる行動、2.SDGsの実施における地球観測および開発援助機関が果たす役割と重要性、3.衛星・海洋・現場観測の統合の重要性、5.地球観測データを利用した研究活動の促進、6.国連SDGs実施メカニズム(IATT等)との連携が提言されている。
    • 第9回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト:

  • 第8回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2015年9月9日~11日
    • 場所: Tiantan Hotel(中国,北京)
    • 参加国・参加人数: 日本、豪州、バングラデシュ、ブータン、カンボジア、中国、フィリピン、インド、インドネシア、イスラエル、カザフスタン、韓国、ラオス、モンゴル、ミャンマー、マレーシア、ネパール、パキスタン、スリランカ、タジキスタン、台湾、タイ、ベトナム、ウクライナ、米国、カナダ、ドイツ、イタリアの28か国および3国際機関(アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)から約194名が参加。
    • テーマ: GEOSSの次の10年に向けて(Towards Next Decade of GEOSS)
    • 基調講演: Dr GU Xingfa, GEO IPWG Member; Deputy Director General, Institute of Remote Sensing and Digital Earth, Chinese Academy of Sciences
    • 国別・地域別報告: バングラディッシュ、インド、イラン、イスラエル、日本、韓国、ミャンマー、パキスタン、フィリピン、スリランカ、ベトナム、アジア太平洋地球変動ネットワーク(APN)、アジア太平洋宇宙協力機構(APSCO)、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)
    • 分科会:
      WG1: 災害モニタリング(AP-MaNDM)
      WG2: データ共有とCGI構築
      WG3: 農業と食料安全保障
      WG4: 生物多様性観測網ネットワーク(AP-BON)
      WG5: アジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      WG6: 全球炭素モニタリング

  • 第7回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2014年5月26日~28日
    • 場所: 国際ファッションセンター(KFC Hall & Rooms)
    • 参加国・参加人数: 日本、豪州、バングラデシュ、ブータン、カンボジア、中国、インドネシア、イラン、韓国、ラオス、マレーシア、ネパール、オランダ、パキスタン、パラオ、パプアニューギニア、フィリピン、スリランカ、タイ、ベトナムの20か国および10国際機関(東南アジア諸国連合(ASEAN)、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)、世界保健機関(WHO)、世界気象機関(WMO)他)から約240名が参加。
    • テーマ: 持続可能な開発目標への取り組みに向けてGEOSSの進化が社会に与える恩恵(Benefits for Society from GEOSS Evolution towards Addressing Sustainable Development Goals)
    • 基調講演: Mr. Akihiko Tanaka, President, Japan International Cooperation Agency (JICA)
    • 国別・地域別報告: 日本、オーストラリア、中国、インドネシア、イラン、パキスタン、タイ、アジア太平洋地球変動ネットワーク(APN)、国際総合山岳開発センター(ICIMOD)、アジア太平洋宇宙機関会議(APRSAF)
    • 分科会:
      WG1: アジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      WG2: アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)
      WG3: 全球森林観測イニシアチブ(GFOI)~長期間に亘る炭素管理~
      WG4: 海洋観測と社会(アジア・オセアニア地域における"Blue Planet"の実現に向けて)
      WG5: 農業と食料安全保障(GEO GLAM)
    • 東京宣言:
    • 第7回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト:

  • 第6回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2013年2月25日~27日
    • 場所: セント・ローンホテル(インド・アーメダバード)
    • 参加国・参加人数: 日本のほか、インド、アルゼンチン、豪州、バングラデシュ、ブータン、カナダ、中国、インドネシア、韓国、マレーシア、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、スリランカ、タイ、ウズベキスタン、ベトナム、イエメンの19か国から約200名が参加。
    • テーマ: 全球地球観測のためのアジア太平洋地域における内部連携の強化(Accelerating Interlikages in the Asia Pacific Region for Global Earth Observations)
    • 基調講演: Dr K. Radhakrishnan, Chairman ISRO
    • 国別・地域別報告: オーストラリア、バングラディッシュ、インド、日本、ネパール、フィリピン
    • 分科会:
      WG1: アジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      WG2: 農業と食糧安全保障
      WG3: 森林炭素観測(FCT)
      WG4: アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)
      WG5: 海洋観測と社会

  • 第5回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2012年4月2日~4日
    • 場所: 日本科学未来館
    • 参加国・参加人数: 日本、中国、インド、インドネシア、イラン、韓国、マレーシア、ネパール、フィリピン、タイなどアジア太平洋を中心としたGEO参加国から、約280名が参加。
    • テーマ: アジア太平洋地域におけるグリーン成長に向けたGEOのイニシアチブ(GEO Initiatives towards Green Growth in the Asia-Pacific Region)
    • 基調講演: Prof. Takashi ONISHI, President of the Science Council of Japan
    • 国別・地域別報告: 日本、オーストラリア、バングラディッシュ、中国、インド、インドネシア、マレーシア、ネパール、ニュージ―ランド、パキスタン、フィリピン、タイ、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、国際総合山岳開発センター(ICIMOD)
    • 分科会:
      WG1: アジア水循環イニシアチブ(AWCI)
      WG2: アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)
      WG3: 森林炭素観測(FCT)
      WG4: 海洋観測と社会
      WG5: 農業と食料安全保障
    • 第5回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト:

  • 第4回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2010年3月10日~12日
    • 場所: サヌール パラダイス プラザ ホテル(インドネシア,バリ)
    • 参加国・参加人数: 日本、中国、インド、インドネシア、イラン、韓国、マレーシア、ネパール、フィリピン、タイなどアジア太平洋を中心とした26のGEO参加国から、約220名が参加。
    • テーマ: 気候および生物多様性に関わる社会利益分野を支えるGEOSSに向けて(Towards a Global Earth Observation System of Systems that Supports the Societal Benefit Areas of Climate and Biodiversity)
    • 基調講演: Prof. (Hon) Rachmat Witoelar, Executive Chair, National Council on Climate Change, Indonesia/ Dr. Ariun Thapan, Special Senior Advisor, Infrastructure and Water, Office of the President, Asian Development Bank (ADB)
    • 国別・地域別報告: オーストラリア、バングラディッシュ、中国、インドネシア、日本、ネパール、パキスタン、フィリピン、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)
    • 分科会:
      WG1: アジア太平洋地域における気候変動とモニタリング能力
      WG2: 水害と水資源管理
      WG3: 森林炭素観測
      WG4: アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)
    • 概略報告:

  • 第3回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2009年2月4日~6日
    • 場所: 京都リサーチパーク
    • 参加国・参加人数: 日本、豪州、中国、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、ネパール、フィリピン、タイ、のアジア太平洋地域を中心とした33のGEO参加国から250名が参加。
    • テーマ: 分野横断のための観測データの共有(Data Sharing for Transverse GEOSS)
    • 基調講演: Dr. Vincent Tao, Microsoft
    • 国別・地域別報告: 日本、オーストラリア、バングラディッシュ、中国、インドネシア、韓国、パキスタン、フィリピン、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、国際総合山岳開発センター(ICIMOD)
    • 分科会:
      WG1:気候変動のモニタリングと予測
      WG2:アジア・オセアニア地域における水循環
      WG3:生体系・生物多様性のモニタリング
      WG4:災害管理のための地球観測とデータ共有
    • 概略報告:
    • 第3回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト:

  • 第2回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2008年4月14日~16日
    • 場所: 日本科学未来館
    • 参加国・参加人数: 日本、オーストラリア、バングラデシュ、中国、韓国、ネパール、パキスタン、タイなどアジア太平洋を中心としたGEO参加26カ国から約230名が参加。
    • テーマ: 気候変動への取り組みにおける地球観測の役割(The Role of Earth Observations in Tackling Climate Change)
    • 基調講演: Dr.Rajendra K Pachauri, Chairman of Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC)
    • 国別・地域別報告: 日本、オーストラリア、バングラディッシュ、中国、韓国、ネパール、パキスタン、タイ
    • 分科会:
      WG1: 気候変動のモニタリングと予測
      WG2: 持続可能な水管理のための地球観測
      WG3: GEOSSを用いた生態系の管理と生物多様性の保護
      WG4: 森林と炭素のマッピング
    • 概略報告:
    • 第2回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト:

  • 第1回GEOSSアジア太平洋シンポジウム

    • 開催日: 2007年1月11日~12日
    • 場所: 第1ホテル東京シーフォート
    • 参加国・参加人数: 日本、中国、インド、インドネシア、イラン、韓国、マレーシア、ネパール、フィリピン、タイなどアジア太平洋を中心としたGEO参加国から、311名が参加。
    • テーマ: アジア太平洋地域における持続可能な開発のための統合的観測(Integrated Observations for Sustainable Development in the Asia-Pacific Region)
    • 基調講演: Dr. Hiroo Kanamori, Professor, California Institute of Technology, USA
    • 国別・地域別報告: 日本、中国、インドネシア、イラン、韓国、マレーシア、ネパール、フィリピン、タイ
    • 分科会:
      WG1: 生態系・生物多様性のモニタリング
      WG2: 気候変動・水循環の解明
      WG3: 森林火災のモニタリング
      WG4: 地震のモニタリング
    • 第1回GEOSSアジア太平洋シンポジウム 公式ウェブサイト: