GEOワークプログラムとAOGEO施計画について

GEOワークプログラムは「GEO戦略計画2016-2025:GEOSSの実施」が掲げるGEOのビジョンを実現するためのGEOコミュニティ及びGEO事務局による実施計画で、3年毎に策定されます。またワークプログラムには、特定のニーズや共通の利益のために、地球観測に携わる機関、科学者、ユーザー、民間セクターによって形成される「実践のためのコミュニティ(Community of Practice、CoP)」の活動の成果も含まれます。
ワークプログラムは、フラッグシップ活動、イニシアティブ活動、基盤タスク、コミュニティ活動及び地域GEOにより構成されており、CoP、GEOプログラム委員会、GEO事務局が連携して作成します。最新の「GEOワークプログラム2020-2022」は2019年11月にキャンベラ(オーストラリア)で開催された第16回GEO本会合において承認されました。詳細についてはGEOのワークプログラムに関するウェブサイトをご参照下さい。

AOGEO実施計画2020-2022

AOGEOはGEOワークプログラムの一環として実施計画を定めています。 最新のAOGEO実施計画2020-2022は以下のリンクよりご参照下さい。
2020-2022 GEO Work Programme Application Asia-Oceania GEO (AOGEO)
(2019年11月時点)